Home > 税理士の業務内容

税理士の業務内容

税理士としての詳しい業務内容

税理士は、個人商店や企業から税務業務を任されることになります。税理士の業務としては、個人商店や企業における日々のお金のやり取りの帳簿をチェックして、まとめる必要が出てきます。

そのため、税理士は依頼主の元へ定期的に通うことが大事になってきます。依頼主からは、税金に関する様々な相談を受けることがあるので、コミュニケーション力が求められる仕事となっています。年度末の前などの税金を納める時期になると、帳簿をまとめた計算書から各種の税金金額を確定させていきます。

税金額が決まったら、最寄りの税務署に個人商店や企業に代わって、税金を収めることになります。日本の税金制度は、ほかの国にくらべて複雑となっているために、税務署と意見の相違が出てくる可能性があります。

そのときは、納得とした上で修正申告に応じることも必要になってきます。最近、税理士は企業などから、税務以外の経営に関することも相談されるケースが出てきています。そのため、税理士は、ビジネス全般の幅広い知識が要求されるようになってきています。