Home > 税理士の独立

税理士の独立

税理士というのは、一度、資格を取得すると定年がないために、高齢になっても働くことができます。その結果、現在は年配の税理士が多くなってしまっている状況があります。

個人商店などでは、これまでの付き合いを優先してしまうので、同じ人に依頼する傾向が強まります。しかし、多くの企業では、税理士の世代交代を望むところが少なくありません。そのために比較的若い人でも、今は税理士の独立がしやすい環境となっています。近年では、税制の改正が頻繁に行われるようになってきているのため、若い人の方が新しいものへの対応力があると考えられています。

新しく個人事務所を立ち上げたとしても、若い税理士を必要としている企業への新規顧客の開拓は案外うまくいくかもしれません。たとえ、地方で独立したとしても、飲食店などは新しくオープンする店舗も出てきているので、顧客の獲得は可能となっています。年々、少しずつ、顧客が増えていくことで、経営は成り立っていくと思います。一度、獲得した顧客との関係を大事にしていけば、長く事業を続けることもできそうです。