Home > 公認会計士の業務内容

公認会計士の業務内容

上場企業の会計監査を行う公認会計士

公認会計士は、民間の監査法人に属すことが多くなっています。上場企業では、公正な決算発表などを行うために会計監査員を置く必要があります。

そのため、上場企業から監査法人に対して、会計監査の依頼が入ってくることになります。その監査役を務めるのが公認会計士となってきます。公認会計士は、上場企業が作成する損益計算書などの財務諸表の内容を細かくチェックする業務を行っています。公認会計士によって、企業が発表する決算情報などに不正が起こることを防止しています。

公認会計士のチェックが入ることで、上場企業では公正な決算書が公になって、株式市場では投資家の有力な判断材料として使われるようになります。近年、上場企業の中には、粉飾決算を行うところが、ベンチャー企業を中心にして増えてきています。

そのため、監査役として入っている公認会計士の責任が問われる事態に発展してきている現状があります。今後、会計監査役は、企業からの中立を守り、さらなる公正な監査業務を行う必要が出ています。