Home > 公認会計士の収入

公認会計士の収入


公認会計士が得る収入をみた場合には、会計関係の専門家として簿記や仕訳の業務をを経理関係において従事することによる労働報酬を得ることが考えられます。

それ以外にも、公認会計士として会計士事務所を独立開業して企業の監査業務を請け負うことにより、報酬として収入を得ることができます。

最近では文系の専門家においても競争原理がはたらくようにと合格者を増やす試みが続いていまして、その結果として公認会計士となるまでの実務経験を積むのが大変になりました。既存の会計事務所では定員が既に埋まっていてこれ以上雇う余裕はないそうですから、一般企業に経理部門の社員として入社し、実務経験を積むのが一般的です。

これからは、単に帳簿の仕訳や監査といった大まかな仕事能力以外にも、自分が得意とする分野を明確にして、公認会計士としての仕事を行なうことでより安定的な収入を得ることができます。好意を感じるとする医療機関での経理に特化したり、貿易業関連の経理に特化してみるなどの試みは既にされていて、収入確保を目指すのが最近の傾向です。