Home > 医師の年収

医師の年収

医師の収入について

医師の収入はイメージ通り、一般の企業に勤めるよりもぐっと高いです。人の命を預かるわけですから、当然高くなります。

医師といっても開業医や勤務医、研修医と分類されます。開業医の場合は年収1400万円ほどと大手企業の中堅社員並ですが、開業するにあたって経費が多額にかかりますから一概に全員が儲けているとはいえません。勤務医の場合は大手の病院ですと年収1000万円ほどです。意外にも地方にある私立の病院の方が待遇が良いです。

やはり高齢化で医者に見てもらう人の割合が地方のほうが多いからなのでしょうか。20代の研修医の場合は大きく低くなり、400万円~500万円程度ですがかなり長時間勤務に及ぶために時給に換算すると最低賃金よりも大きく低くなるという現象も発生しています。これでもかつての奴隷と比喩されていた時代から比較すると待遇自体はは良くなっているのです。

ただ、この収入の高さを低所得者層を中心に今でも僻んでいる人も多く、診療報酬の削減とともに昔よりも収入も減っているのもまた事実です。